多田夏雄の美術紀行

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュールレアリスム論からのエッセイNO、447 シュールレアリスムの技法 フロッタージュの森30

2015年 09月12日 01:23 (土)

漢字は大変優れた言葉です。
一文字でかなりの意味を含んでいて、ひと目で意味を読みとれます。
欧米の言葉表音文字です。
アルファベットの配列は読解に時間がかかります。
母音と子音を組み合わせながら純粋に音を拾ってゆきます。
まるで音符を拾って演奏するみたいです。
芸大の音校で若桑先生が「声楽科の為のイタリア語原典購読」という大学院生に向けてのゼミを開講していた時です。
僕は初級もままならぬダメ学生でしたが、そこに厚かましく出席していました。
若桑先生のファンだったので彼女の開講しているものは、ことごとく履修していたのです。
つっかえつっかえでイタリア語が全く発音できません。
ところが声楽のお兄さん、お姉さんたちはスラスラと、しかもベルカントな声で室内で響くイタリア語を発音されるのです。
つづく

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。