多田夏雄の美術紀行

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュールレアリスム論からのエッセイNO,442 シュールレアリスムの技法 フロッタージュの森25

2015年 09月03日 00:21 (木)

「赤」と「青」は具体的な「物」の借用ではありません。
こう言ったものを「抽象」といいます。
「あか」に関しては「銅」という鉱物に対して名付けた「ニックネーム」です。
「銅色」と書いて「あか」とは読みません。
「黄」の「KI」は前回お話した「喜」→「輝」→「黄」のような「連想」が生じます。
「木」→「樹」→「気」→「生」→「貴」→「輝」→「黄」とつなげば完璧です。
あっ「鬼」が仲間はずれです。
「仲間はずれが鬼」なのは昔からある子供の遊びのルールです。
つづく

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。