多田夏雄の美術紀行

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三木先生の思い出54 健康法クラブと生態学49

2015年 08月15日 23:58 (土)

三木先生が亡くなられる一日前一緒におられた小町谷先生は20年も経ってから僕にこう仰られました。
「三木の亡くなる直前一緒に私はいたんだよ。奴、朝から“頭が痛い頭が痛い”と言っていてね。あの時症状は始まっていたんだろうね。」
その夏は今年と同じく猛暑で、先生の葬儀に参列した僕の友人は「こういう暑い時、結構人は死ぬんだよ。」そう言っておりました。
「水分補給をしないと脱水症状になり血栓がおこりやすくなる。」
今では周知のところとなりましたが、その時分は「水を飲むとバテルぞ。汗かき過ぎだ、水ばかりのむからだ。ぶったるんどる。」そういう時代でした。
つづく

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。