多田夏雄の美術紀行

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三木先生の思い出29 健康法クラブと生態学26

2015年 07月20日 23:52 (月)

魚には硬骨魚と軟骨魚がいます。
硬骨魚が占める割合は圧倒的に大です。
硬骨魚は進化によって生まれました。
軟骨魚との決定的な違いは浮き袋を持っている事です。
浮き袋を持っていない軟骨魚のサメやエイは泳ぎつづけていないと沈んでしまいます。
浮き袋とはなんでしょうか?
それは、あるものの退化によって残存している身体器官なのです。
「肺」です。
昔、魚はある一時期「肺呼吸」をしていた事があるのです。
「肺魚」なんて種の魚は今でもそうですが、これは生物史、生命史にとって重要なエポックなのです。
つづく

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。