多田夏雄の美術紀行

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三木先生の思い出26 健康法クラブと生態学23

2015年 07月17日 21:16 (金)

三木先生の授業の後期の終わりには水族館に行きました。
「諸君にはぜひポリプテルスという古代魚を見てきてほしい。彼こそは魚の中の魚、ピラルク、アロワナや雷魚などとは比べものにならない遠い眼差し、つまり古代への眼差しがある。あの古代魚の顔こそが魚の原形だ。」
そう言われて、僕はまさにそのポリプテルスを記録する為にスケッチブック片手に上野動物園の中の水族館へ向かったのです。
つづく

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。